HOME > リッチクライアント/RIAアプリケーションおよび開発

リッチクライアント/RIAアプリケーションおよび開発

Curlによるリッチクライアント/RIAアプリケーションは、従来のWebアプリケーションの問題や課題を根本から見直し、企業ビジネスシステムにおけるWebベースアプリケーションにおける複雑なデータの高速処理と優れた操作性、高度なセキュリティを実現することが可能となります。

  • クライアント/サーバ環境と同様のユーザインターフェースをWeb上で実現できます。
  • HTMLのようなテキストフォーマットから高パフォーマンス3Dグラフィックスまで、 Curl言語は広範囲に渡る記述に対応する能力を持っています。
  • 国内500社以上の基幹業務システムでの採用実績があり、定評のある製品です。
  • Curlアプリケーションを効率的に開発する統合開発環境(Curl CDE)が提供するGUI開発ツール、テキストエディタ、デバッガ、ソースのパッケージング、ヘルプドキュメントなど充実したツール類で開発を強力にサポートします
  • ソースファイルをPC用にRIAアプリケーションとしてJITコンパイル・実行するCurl実行環境(Curl RTE (Curl Runtime Environment)を無償で提供しており、デスクトップアプリケーションと同様のパフォーマンスを実現します。

リッチクライアント/RIAアプリケーション実行の仕組み

  1. 通常のHTMLページを表示するのと同様に、WebブラウザからCurlソースコードが配置されたURLにアクセス
  2. Webサーバは要求されたCurlソースコードを返却
  3. Curl RTEが起動されてCurlソースコードをコンパイルおよびアプリケーションを生成し起動
  4. データが必要な時のみWebサーバーにアクセスしデータのみを取得
  5. 実行されたアプレットからは、Curlコンテンツが配置されていたサーバとは別のサーバからもデータを取得可能

リッチクライアント/RIAアプリケーション実行の仕組み


リッチクライアント/RIAアプリケーションを導入するメリット


高いユーザーエクスペリエンス

リッチでパワフルなリッチクライアント/RIAから軽快なモバイルアプリケーションまで開発できます。クライアントリソースを活用し、高いユーザーエクスペリエンスを実現するアプリケーションを構築します。 2Dおよび3Dグラフィック、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作と、 Excelのように、ソート、フィルタリング、枠の固定が出来るグリッド機能、ファンクションキーやCtrlキーなど全てのキーに対してショートカットの割当機能、IME制御の入力コントロールなどが可能です。


複雑な帳票出力

日本の商業文化において重要なものに帳票があります。帳票の種類は様々ですが、帳票設計・構築において問題となる点は帳票サーバの負荷や帳票開発技術における統一性の無さです。CurlはCurl言語だけでオンライン帳票のレイアウトが構築でき、印刷することができます。また、これはオフライン時においても有効です。オフラインであってもクライアント側で帳票を生成・印刷ができるため障害時に強い帳票システムを構築することが可能となります。

マルチプラットフォーム

Curlアプリケーションは、幅広いユーザーニーズにあわせたマルチプラットフォームに対応します。
O S :
Windows、Linux、Mac、 iOS、Android
ブラウザ:
InternetExplorer、Firefox、Safari、Chrome


パフォーマンス

大量データ処理が必要とされるエンタープライズ向けシステムにおいて、最小のソースコード量で最大のパフォーマンスを、多様なプラットフォームで実現します。 従来のレガシーシステムやクライアントサーバーシステム以上の操作性とパフォーマンスを提供します。


オフライン・業務継続性

Curlのオフライン機能により、サーバーダウンやネット ワーク障害、外出先での業務の完全停止を防いでアプリケーションを継続利用することができます。 また、細いネットワーク回線においてもアプリケーションの継続利用が可能です。

オフライン・業務継続性

信頼性・安全性

不正アクセスや情報漏洩を阻止し、安全性と柔軟性の 高いシステムを構築できます。 セキュリティレベルの設定により、ローカルフォルダのアクセス権限や個人情報へのアクセスを制限するなど企業レベルの情報漏洩対策を実現します。

信頼性・安全性

長期運用・保守コスト削減

独自のバージョン管理方法により、クライアント上で複数のバージョンを共存させることが可能です。これにより、 OSやバージョンの違いを意識することなく様々なユーザーニーズを考慮した長期的なシステム運用および運用管理負荷を軽減します。

長期運用・保守コスト削減

学習しやすい言語・パワフルな開発環境

HTML、手続き型、オブジェクト指向など様々な言語の特徴を1つのCurl言語で表現できます。ユーザインターフェースからロジックまでCurl言語ひとつで実装でき、開発者はより簡単にアプリケーション開発が行えます。EclipseベースのCurl統合開発環境CDE(Curl Development tools for Eclipse)には、ユーザーインターフェース開発のための画面構築ツール(VLE)のほか、ヘルプドキュメントが用意され、サンプルソースを使ってドキュメント内で編集&実行ができます。豊富なAPIの使い方を試すにも便利な機能です。 また、Curl言語に対応したプロジェクト、エディタ、ウィザード、デバックサポートなどが用意されているほか、自動コード生成やカスタム・テンプレートの共有化、コード編集中のエラー分析など強力な機能が提供されています。

curl


その他フレームワーク、オープンソースライブラリなど

Curlではアプリケーションの要件に応じて柔軟に開発を進めるために様々な拡張APIをオープンソースで提供しています。開発者はオープンソースを利用することでより便利でインタラクティブなアプリケーションの開発を行うことができます。

オープンソース