HOME > ニュースリリース 2017年 > 「Mozilla Firefox」のバージョン52以上でのCurlアプレットの表示および動作を非サポートといたします
2017年3月13日

「Mozilla Firefox」のバージョン52以上でのCurlアプレットの表示および動作を非サポートといたします

1.概要

Curl RTEのすべてのバージョンにおいて、Mozilla Foundationのウェブブラウザ「Mozilla Firefox」のバージョン52 (ESR 版は除く)以上における「Curlアプレット※1」の表示および動作を非サポートとすることを決定いたしました。

2.経緯

Curlはブラウザ内にCurlアプレットを表示および動作させるためにブラウザ・プラグイン技術の“Netscape Plugin API(NPAPI)”プラグインを使用しています。
しかし、Mozilla Firefoxは2017年3月公開したバージョン52 (ESR 版は除く) から 「Adobe Flash Player」を除く“Netscape Plugin API(NPAPI)”プラグインのサポートが削除されました。
このため、プラグインを使用しているブラウザ内でのCurlアプレットの表示および動作を非サポートといたします。
尚、Firefox 52 延長サポート版 (ESR) では 2018年3月ごろまでプラグイン対応が維持される予定が告知されており、その時期からFirefox ESR版でのCurlアプレットの表示および動作も非サポートする予定です。

3.Mozilla FirefoxにてCurlアプレットをご利用の企業様、ユーザー様へ

Mozilla FirefoxのNPAPIプラグインサポート廃止後は、Mozilla Firefoxの画面内にてCurlアプレットを表示および動作することはできなくなりますが、「独立型アプレット※2」としてブラウザとは別のウィンドウにて表示および動作することが可能です。
独立型アプレットへの移行によりブラウザに依存しない長期運用が可能なアプリケーションが実現できます。詳しい内容は以下の情報をご参照ください。

http://www.curlap.com/support/general/system_requirements.html#q10

※1 拡張子 .curlにより起動および動作するCurlアプリケーションの形態
※2 拡張子 .dcurlにより起動および動作するCurlアプリケーションの形態

本件に関するお問い合わせ先

SCSK株式会社

流通システム第一事業本部 Curl製品担当

TEL :03-5166-1715

E-mail:curlsales@scsk.jp

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、詳細についてはお問合せください。

03-5166-1715営業時間:平日 9:30 - 17:30

【Curlニュースリリース】