HOME > Caede インストール方法とアプリケーション開発・実行手順 > Android版でのパッケージング化と実行

Android版でのパッケージング化と実行


1. セットアップ

Android SDK  Android Development Tools (ADT) のセットアップ
  1. Eclipseを起動し、[ Help > Install New Software... ] を開いてください。
  2. 以下の Install ダイアログ上の [ Add ] ボタンをクリックし、[ Add Repository ] ダイアログで以下のように入力してください 。
    Name: ADT (任意の名前です)
    Location: https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

    ※ ダウンロードができない場合は、httpsの代わりにhttpをご利用ください。
  3. インストール可能なADTプラグインのリストが表示されますので、以下のプラグインを選択してください。
    Android Development Tools

  4. 画面に従いインストールしてください。
  5. Eclipseを再起動してください。
  6. Eclipseが起動したら、Eclipseのメニューバーの [ Window > Android SDK Manager ] を選択し、 [ Android SDK Manager ] ダイアログを起動してください。 起動後、Packagesリストから [ Android 4.1.2 (API 16) ] の [ SDK Platform ] と [ Intel x86 Atom System Image ] を選択して、インストールしてください。

    Android SDK ToolsRev.20以上 にしてください。また、 Android SDK platform-toolsRev.12 以上 にしてください。Android SDK Tools Rev.22 以上をインストールした場合は、Android SDK Build-tools もインストールしてください。
    Android SDK Build-toolsRev.21 および Rev.21.0.1 がインストールされている、かつ、どちらかが最新バージョンの場合、Android SDK Build-tools の既知のバグにより、これにより作成された Caedeアプリが起動しないことを確認しております。
    https://developer.android.com/tools/revisions/build-tools.html 別ウィンドウ
    上記に該当する Android SDK Build-tools をお使いの場合は、Android SDK Manager よりAndroid SDK Build-toolsRev.21.0.2以上をインストールしてください。
    ※ Androidプロジェクト作成時、 Build SDKAndroid 4.2 以外を選択する必要がありますので、それ以外のバージョン(ここでは Android 4.1.2 )を選択してインストールしてください。
  7. Android仮想デバイスを作成するため、Eclipseのメニューバーの [ Window > ADV Manager ] を選択し、 [ Android Virtual Device Manager ] ダイアログを起動してください。
    次に [ Android Virtual Device Manager ] ダイアログの [ New ] ボタンをクリックし、 [ Create new Android Virtual Device (AVD) ] ダイアログを起動してください。

  8. [ AVD Name ] に任意の名前 ( Android4.1.2-emuなど ) を入力
    [ Device ] プルダウンメニューは、 [ Nexus One (3.7", 480 x 800: hdpi) ] を選択
    [ Target ] プルダインメニューは、 [ Android 4.1.2 - API Level 16 ] を選択
    入力後、 [ OK ] ボタンをクリック

    作成したAndroid仮想デバイスが [ Android Virtual Device Manager ] ダイアログのリストに表示されます。


2. Androidプロジェクトのセットアップ

新しいプロジェクト作成 (Android)

Caede Development tools版でAndroidプロジェクトを自動生成した場合は、この手順は不要です。
手動でビルド用android用プロジェクトを作成する場合は、以下の手順でプロジェクトを作成してください。

  1. ファイルメニューから [ New > other ] を選択し、 [ Select Wizard ] ダイアログから [ Android > Android Application Project ] を選択する。

    [ Application Name ] に[ HelloCaede ] と入力してください。
    [ Project Name ] に[ HelloCaede ] と入力してください。
    [ Package Name ] に[ com.curl.caede ] を入力してください。
    [ Minimum Required SDK ] で[ API 16:Android 4.1 ] を選択してください。([ Android4.2 ] は選択しないで ください。)
    [ Target SDK ] で[ API16: Android 4.1 ] を選択してください。 ([ Android4.2 ] は選択しないで ください。)
    [ Compile With ] で[ API16: Android 4.1 ] を選択してください。 ([ Android4.2 ] は選択しないで ください。)
    [ Theme ] は初期値のままです。
    [ Next ] ボタンクリックしてください。

    [ Create custom launcher icon ] のチェックを外してください。
    [ Create activity ] のチェックを外してください。
    [ Finish ] ボタンをクリックしてください。
    注:上記画面以外に [ Install Dependencies ] の画面が表示される場合がありますが、これは 先に指定したAndroid SDKのバージョンが存在しない等の理由で表示されるものです。表示された場合は画面の指示に従いインストール/アップグレードをしてください。
  2. Caede SDK版でのみCaedeアプリケーションを生成した場合、以下の手順が必要です。
    (Caede Development tools版でCaedeアプリケーションを生成した場合は、build.xmlで自動設定するためこの手順は不要です。)
    ダウンロードしたcaedeディレクトリの [ lib/android ] 配下から、[ res ] ディレクトリ、[ libs ] ディレクトリ、[ AndroidManifest.xml ] ファイルを作成したAndroidプロジェクトのルートにコピー(上書き) してください。
    【AndroidManifest の設定】

    Androidでは、パッケージ名がアプリケーションの一意なIDとなります。
    デフォルトでは com.curl.caede ですので、アプリケーションを識別する任意の名前に変更してください。
    ただし、ここではライセンスファイルで許可されたIDを設定してください。
  3. Android端末のデバイスを使用する場合、AndroidManifest.xmlにパーミッションを設定する必要があります。
    詳細は、DeveloperCenter を参照してください。
  4. Androidプロジェクトを右クリックして、 Refresh(F5) してください。
    以下のダイアログが出ますが、[ YES ] をクリックしてください。


3. Deploy

Run(シミュレータ)
  1. 以下のファイルをAndroid プロジェクト (先に作成したHelloCaedeプロジェクト) の [ assets ] ディレクトリに配置してください。
    - Deployで生成された [ Deployment Settings ] ファイル群 (生成されたフォルダ一式)
    ※ トランスレータ実行時、Deploy ment Settings のDeployment Path に Android プロジェクトの [ assets ] ディレクトリを指定した場合は不要です。
  2. Androidプロジェクトを Refresh(F5)してください。
  3. Androidプロジェクトを右クリックし、 [ Run As > Android Application」を選択してください。
    注:以下の画面( Android Device Chooser )は、プロジェクトプロパティの設定によっては出力されませんが動作には問題ありません。
    [ Android4.0 ] を選択してください。
    [ OK ] ボタンをクリックしてください。

  4. シミュレータが起動してアプリが実行されます。

  5. HelloCaedeが表示されます。

Run(デバイス)
  1. デバイスの [ Settings > Applications > Development (設定 > アプリケーション > 開発) ] の [ USB Debugging(USBデバッグ) ] をチェックしてください。

    注意) 機種によってはDriverをインストールする必要があります。

  2. Caedeプロジェクトを Refresh(F5) してください。
  3. Caedeプロジェクトを右クリックし、 [ Run As > Android Application ] を選択してください。

    [ 実機 ] を選択してください。
    [ OK ] ボタンをクリックしてください。
  4. 実機上にアプリがインストールされて、アプリが実行します。

「Android」および「Android ロゴ」、「AndroidSDK」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
このドキュメントの内容の一部は、Google社が作成、提供しているコンテンツをベースに複製、もしくは変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

「iOS」および「iOS ロゴ」、「Xcode」は Apple Inc. の登録商標です。

「Windows」 ,「WinRT」 は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

「Eclipse」 はEclipse Foundation,Inc.の商標または登録商標です。

その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

モバイル開発環境「Caede」に関する既知の問題については こちら